トピックス > 現場紹介 > No-219180
工 事 名 広島市新球場(仮称)新築工事
工事期間 平成19年09月28日〜 平成21年03月16日
発 注 者 広島市
工事場所 広島県広島市南区東駅町ほか
施工体制 共同企業体(五洋・増岡・鴻治建設工事共同企業体)
工事概要 鉄筋コンクリート造一部鉄骨造 地上7階 地下1階 3階柱〜7階スタンド部分「PCa工法」
建築面積=約23,000u   延床面積=約39,000u

進捗状況

平成20年6月末現在、工事全体の約40%程度まで工事が進み、内野一階席スタンドはほぼ完成し、外野棟も順調に躯体工事が
進んでいます。  今後躯体工事としては、アッパースタンド(二階席)のPC工事をメインに行い、一階の内部も仕上げ工事へと進
んで行きます。

       現在のグラウンドは、芝苗の植え付けが完了し、9月には緑色になったグラウンドが見られるようになります。

                                                                       写真提供:広島市

位 置 図
広島駅を出て南東方向へ 徒歩約8分(約600m)、JR山陽
本線沿いの約11.3haにおよぶ大規模な敷地は、旧国鉄の
東広島駅貨物ヤード跡地であり 、通称「ヤード跡地」と呼ば
れています。
新球場の敷地は、このヤード跡地の中央部約5haです。
状況詳細   グラウンド内の芝生の育成のため、工事に必要な部材は大型クレーンで外側から吊り上げ設置しています。

                                                               写真提供:広島市郷土資料館
三塁側アッパ−スタンドを支えるための柱梁(PC工事)の施工中です。

                              写真提供:広島市

                            図面提供:広島市
一塁側内野スタンド状況

美しくなだらかな傾斜の内野スタンドとなります。

                              写真提供:広島市
スタッフ紹介
           (  新宅 浩  ・ 中島 博明  )
夢の「新球場」建設工事に携われた事は、建築技術者として、またカープファンの一人としてたいへん光栄なことです。
広島の皆様の期待に答えるべく何年先も愛着を持って頂けるような美しい球場を造って行きたいと思います。

工事としては、躯体工事の施工数量が多いため、日々綿密な打合せ、連絡、調整を行いながら工事を進めています。
今後は、二階席部分のPC工事及び仕上工事が主体となり、ますます球場の全貌がはっきりしてきます。

これからも工事に関わる者全員で、全工期無災害を達成できるよう気を引締めて頑張ります。